Iphone修理を行うならバックアップも忘れずに

Iphoneが故障した場合、オフィシャルのリペアセンターは頼りになる存在です。
ただしリペアセンターでIphone修理を行う際は、一週間ほど預けることになりますから、その間の代替機を用意する必要も出てきます。
オフィシャルでも代替機のレンタルを提供していますから、利用可能かどうか事前に確認しておくと良いでしょう。
一方、リペアセンターを含むオフィシャルのIphone修理では、データ消去が行われることが一般的です。
写真や保存ファイルなど、大切なデータを失わないためにも、修理に預ける前にバックアップを終えておくことが肝心です。
基本的に消えたデータは二度と戻ってきませんから、バックアップは重要な作業になります。
中にはIphoneのデータ復旧を提供している業者もありますが、修理段階でストレージごと交換修理された時はデータ復旧も無意味になります。
そのためIphone修理とバックアップは、ワンセットで考えることも大切です。